ペット用品と一般用チェーン・鎖の製造メーカーです。
TEL:072-984-2314
FAX:072-982-1147

防犯対策用に太いリンクチェーンの依頼をお受けしました(線径16mmのリンクチェーン)

Widget Area

先日、商工会議所繋がりの知り合いの方から電話でこんな依頼をお受けしました。

『仕事で使う道具の盗難防止用に線径10mm位のチェーンを3m欲しいんだけど』

通常、弊社で扱っているのは線径5mm程度まで。リンクチェーンの場合でも8mmまでなのでちょっと太目のイメージを持ちました。
スポット的な注文で13mm(11mmだったかな?)数十センチや19mmを3コマプラス大型のシャックルとのセットなどを準備した事がありましたが、
3mの続きモノというのは、線径8mm超の太いチェーンでは重さのこともあり、多分初めてだと思います。

用途を伺うと、作業で使用する道具を盗られないように固定しておく“防犯対策”用として使用するつもりとの事。
ロックには大型の鍵を使用したいのでチェーンの内幅も10mm以上欲しいとの事でした。

そこで内幅10mm以上のステンレス製と鉄製の熔接済みリンクチェーンでお見積りをさせて頂きました。
鉄製リンクチェーン TCL-10.0×3m ユニクロメッキ ¥8600(税・送料別)
(線径 10.0mm 内長 42mm 内幅 13mm 公差±0.5mm位/1コマ)

ステンレス製リンクチェーン STCL-8.0×3m 研磨処理済 ¥18000(税・送料別)
(線径 8.0mm 内長 38mm 内幅 12mm 公差±0.5mm位/1コマ)

ステンレス製リンクチェーン STCL-10.0×3m 研磨処理済 ¥21400(税・送料別)
(線径 10.0mm 内長 40mm 内幅 15mm 公差±0.5mm位/1コマ)

その後、もっと太いチェーンでの見積り希望が参りました。
ステンレス製は価格面で高くなるので鉄製のみでの見積依頼。
それに伴いチェーンの内幅も20mm位欲しいとの希望が出ましたので両方が合致するサイズのチェーンを探してみました。

その結果、線径16mmのリンクチェーンが適当かと思われましたのでこのサイズのチェーンでご提案させて頂きました。
但し、この太さで3mとなると、ユニクロメッキ工場でのメッキ処理が出来ない為、溶融亜鉛メッキ(ドブ漬けメッキとも呼ばれています)処理となってしまいます。
以前お願いした事がありましたが、その際にはメッキ肌のザラつきが大きかったので個人的にはお薦めしづらいのですが、現行ではこのメッキ方法しかないらしく、外での使用には強いメッキらしいのです。
(自動車や屋外の自動販売機、電柱などのメッキにも用いられているそうです)

メッキ処理した場合と、濡れるとすぐに錆が生じてくるのですが鉄の生地そのままの状態の場合での見積もりも依頼されましたので両方での値段をお出し致しました。
鉄製リンクチェーン TCL-16.0×3m 溶融亜鉛メッキ(ドブメッキ) ¥14600(税・送料別)
(線径 16.0mm 内長 64mm 内幅 24mm 公差±0.5mm位/1コマ)

鉄製リンクチェーン TCL-16.0×3m 生地(メッキ処理なし) ¥12000(税・送料別)
(線径 16.0mm 内長 64mm 内幅 24mm 公差±0.5mm位/1コマ)

結果、メッキ処理のない生地の方でご注文をお受け致しました。

線径16mmリンクチェーン3m

準備した線径16mmのリンクチェーンはこれ。3mありますがこれでは今ひとつ大きさが伝わってきません。

線径16mmリンクチェーンの重さは

 

 

 

 

そこでハカリに載せてみました。3mできっちり15kg、非常にヘビーです。

弊社で扱っている他のチェーンと一緒に並べてみました。

線径16mmチェーンとの比較2

ナスカンのついたチェーンは、通常大型犬の係留用に使用している線径3mmのステンレス製マンテルチェーン、その上が弊社で扱うマンテルチェーンで一番太い線径5mmのもの。
16mmのチェーンと一緒だと、どちらも非常に細く見えてしまいます。

それではと言う事で、線径3mmのマンテルチェーンに加え、線径6mmと線径8mmのステンレス製リンクチェーンと一緒に並べてみました。

線径16mmチェーンとの比較2

どちらのリンクチェーンもジャンボウォレットチェーンやピットブルと言う力の強い犬種用のリード用チェーンとしてご提供させて頂いた重厚な(=ゴツい)ものなのですが、一緒に並べるとかわいらしく写ってしまいます。

かなりしっかりした電動カッターでも切るのに時間が掛かるこの線径16mmのリンクチェーン。
届けに行ったところ、その太さと重さを実感され、注文されたご本人も納得半分、笑い半分。
すぐにこのチェーンに見合う大きな南京錠を買い直しに行かれました。

生地の状態ですので、水濡れによる錆は気になりますが、チェーンの強さは、神戸の長田に出来た実物大の鉄人28号を縛って絵になりそうなサイズですので、切断の為の本格的な道具を準備しない限り大丈夫だろうと思います。

経過報告が聞けましたらまた記事に書こうと思います。

ご興味を持たれた方が居られましたらいつでもお気軽に
TOPCHAIN 柳瀬製作所 までお問合せ下さい。

お問い合わせは メール (お使いのメールソフトが立ち上がります)お問い合わせフォームお問い合わせフォームページお電話 にてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA