ペット用品と一般用チェーン・鎖の製造メーカーです。
TEL:072-984-2314
FAX:072-982-1147

夏のお出掛け前に、チェーンと金具類の状態はいかがですか?(夏期点検のすすすめ)

Widget Area

いよいよ8月に突入、お盆も間近です。飼い主さん、ワンちゃんともに体調はいかがですか?
市街地では舗装道路が多く、日中だけではなく日が暮れて暫くの間まで道路が熱い状態が続いています。
我が家でも散歩に出掛ける際には、手のひらを地面につけ、普通に耐えられる程度にまで下がっているかをチェックしてから出発しています。
ワンちゃんにはちょっと辛いでしょうが、きちんとしたお散歩は、早朝と夜だけにし、それ以外の時間帯については、嫌がらなければペットシーツのお世話になるのが安全だと思います。

またワンちゃんには体温を下げる手段が人間より少ないので、冷房や風通しの確保、そしてお水もすぐにぬるくなってきますのでこまめに替えてあげるのが良いでしょう。

さて、先月はナスカン部分の点検について書かせて頂きましたが、今回はチェーン部分についてです。

繋留用チェーンの場合には屋外に設置されるのが普通だと思います。
鉄製チェーンの場合には、メッキ皮膜が傷ついたり薄くなり、錆が目立ち始めた頃がひとつの交換の目安となります。

ステンレス製チェーンの場合には塩分や鉄分が多い(もしくは常時、鉄材に触れている)など特殊な環境でなければ、概ね錆が発生することはありません。
それは性能としてはありがたいのですが、逆にそのことが影響して点検頻度は低下する傾向にあります。

柳瀬製作所でも使用しているステンレス(SUS304)は鉄にニッケルやクロムを混ぜ合わせて作り出された合金です。引っ張り試験をした場合の粘り強さ(伸び)については、ステンレス製が勝っていましたが、金属の硬さという点では極端に大きな差はありません。
(ステンレスには曲げるなどの加工をするほどだんだん硬くなっていく加工硬化という性質はあります)

鎖屋兄弟ブログでも述べていることですが、使用環境とワンちゃんの動き回り度合いによって、ステンレス製チェーンも磨り減ってきてしまいます。

この磨耗、日頃から良く目に付く場所であれば気付きやすいのですが、それ以外の場所ではなかなか気付かれず、そのため、徐々にではありますが確実に進行していきます。

梅雨に入る前に、係留用チェーンをお使い頂いているお客様方に『チェーン部分全体について定期チェックをしてみて下さいね』との趣旨のメールを送り致しました。
その後、あるお客様から、『杭に取り付けていた末端部分のチェーンが大きく磨り減っていました』との連絡をお受け致しました。
その方は、地面が硬いので花壇の中に杭を打ち、そこにチェーンを取り付けておられたのですが、花壇の石がゴツゴツした石肌そのままの状態のものだった為、ワンコが動き回るたびに、このゴツゴツでチェーンが擦られ、石に接していた部分だけが大きく磨り減っていたらしいのです。
花壇の石で磨耗したSTチェーン花壇の石で磨耗したチェーンアップ写真
杭の位置を変えることが難しいとの事でしたので、チェーンの擦り切れを遅らせるために、石に触れる部分のチェーンを太いものに変えた繋留用チェーンをお作り致しました。

磨耗しやすい箇所のみ太いチェーンにしたST製繋留用チェーン磨耗しやすい箇所につけた太いチェーンとの比較
また、チェーンの取り付け場所が鉄生地の場合、ステンレス側にも貰い錆が移ってきますので注意が必要です。

夏のお出かけの際にワンちゃんも一緒に連れて行かれる方もいらっしゃるかと思います。お出掛け先でチェーンが切れたり金具が動かなくなったりすると大変ですので、その前に一度ご確認をお願い致します。
そしてもし金具の動きが悪かったり、磨り減り部分を発見してしまったら、応急処置ではありますが次のような対策を講じてみてください。

金具の動きが悪い場合には、まずは目詰まりが無いかをチェックし、歯ブラシなどでつまりを除去してください。次に水洗いをしてつまりを取り除き、市販の潤滑剤をスプレーしてあげてください。
少々の錆つきであれば、時間をあけながら潤滑剤を繰り返しかけてギコギコしていくと大抵動くようになってくるはずです。

磨り減ったチェーン部分については、ご自宅にゴムホースや厚手のビニールチューブのようなものがございましたら、縦に切れ目を入れ、それで磨耗の進んだチェーン部分を覆ってビニールテープのようなものでグルグル巻きにして頂けますと、その部分のチェーンが擦られることはなくなりますので、これ以上の磨耗は食い止められるかと思います。
チェーンをチューブで包んだ状態
その後なるべく早いタイミングで新しいものに取り替えると共に、擦れてしまう場所については、ゴムシートなどで覆うなどの対策を講じてあげてください。

ワンちゃんと飼い主さんとを繋ぐ大事なチェーンです。ワンちゃんのためにもしっかりとした点検と安全確認をして、安心した夏を過ごして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA