ペット用品と一般用チェーン・鎖の製造メーカーです。
TEL:072-984-2314
FAX:072-982-1147

バレンタインデー ワンちゃんへのプレゼントにチョコは厳禁です!!(犬にとって危険な食べ物)

Widget Area

立春の日を迎えた2/4。昨日までは節分用に福豆と共に様々な“恵方巻き”食品がスーパーやお店を賑わせておりました。

私が暮らしていた1980年代後半から1990年代後半頃までは、関東では“恵方巻き”の認知は殆ど無く、節分の日に切っていない海苔巻きを入手するのには大変困難しました。

スーパーでは当然、切った海苔巻きのパック販売でしたし、お寿司屋さんでも丸のまま1本で欲しいと言うと、いぶかしがられたものでした。
(頼んでいないのに気を利かしてか?帰って開けて見ると真中でちょうど半分ずつに切られていた事もあった記憶があります。)

今では全国的に“恵方巻き”の認知が進んできたようで、コンビニのお寿司まで恵方巻き。
ケーキ屋さんでは“恵方ロール”というロールケーキが販売されています。
焼き鳥やさんでは具に焼き鳥を巻いた恵方巻きを販売していましたし、サンドイッチチェーンのサブウェイさんでも長いサンドウィッチを販売していました。
商魂逞しい事は良い事ですね。(色々なものが生み出されて面白いです)

我が家でもまだお寿司を食べるのが得意ではない娘用に、市販のロールケーキを買ってあげました(笑)。
恵方巻きの海苔巻きのかわりにロールケーキ
今年の恵方であった“南南東”らしき方向を向いたり向かなかったりで食べていました。
(本来のルールは“その年の恵方を向いて、黙って食べ終わる。”ですが、小さな子供には難しいですね。)

話がだいぶ横道にそれましたが、節分が終わるとその次に来るのがバレンタインデー。
1月後半からから多くのお店でバレンタイングッズの宣伝やチョコレートが見られるようになって来ています。

お家の中にもチョコレートがチラホラし始めてきた頃ではないでしょうか?

栄養価が高く美味しいチョコレート、横でワンちゃんが欲しそうに見ていると、ちょっとあげようかな?と思ったり、実際にあげたりしていませんでしょうか?
私も過去にはあげていました。だって、本当に美味しそうに食べるんですから。
でもこのチョコレート、ワンコにとっては、本当は危険な食べ物だったんです。

人間同様に、虫歯になるの危険性がありますが、それ以上に危険なのが、チョコレートの原料である“カカオ”に含まれる成分、テオブロミンです。
このテオブロミンという物質、人間に対しては精神状態を安定させる(リラックスさせる)と言う働きがあり、良い物質なのですが、犬にとっては中毒症状を引き起こす物質になってしまいます。

ワンコの症状としては、チョコレート摂食後数時間から半日後に、嘔吐や下痢、興奮や神経過敏、震え、めまい、昏睡などが起こる可能性があります。
ひどい場合には腎臓障害や突然死に至ってしまいます。

テオブロブミンへの有効な解毒剤は無いので動物病院でも対処療法を施すしかなく、体外に自然排出されるまで治療が長くかかります。

カカオ成分の多いビターチョコレートやココアパウダーは特に注意が必要です。
ミルクチョコレートの場合はビターチョコレートに比べるとカカオの割合は低いですが、やはり油断は出来ません。

我が家もそうですが、小さな子供がいる家庭では、虫歯予防としてキシリトールのタブレットを与えておられる方もいらっしゃるかと思います。
このキシリトールも人間に対しては、甘味料や虫歯予防といった良い働きをするのですが、犬にとってはインスリンを分泌させる働きを促す作用を持ち、“低血糖症”を引き起こす可能性が高いです。
キシリトールは砂糖の代替物として利用されますので、キシリトール配合の食品には基本的には砂糖が含まれていません。
また、タブレットの場合にはキシリトールの配合比率が非常に高いので誤食は大変危険です。(急激に血糖値が低下し、嘔吐や歩行困難などと共に、ショック死してしまう恐れがあります)

自宅にお子さんがいらっしゃらない家庭でも、油断は禁物です。
お散歩途中に見られる、ポイ捨てされたガム。ガムにもキシリトールが含まれている可能性が高いので、誤って“パクッ”と食べてしまわないように注意してあげて下さい。
(我が家のワンコは落ちているガムを見つけるのが得意なようで、いつもドキドキです)

他にはレーズンやぶどう類も犬に対しては嘔吐や下痢、腹痛、腎不全を起こす事が報告されています。(これは知りませんでした)

マカデミア(マカダミア)ナッツ類に関しても元気消失、運動失調、嘔吐、震え、発熱などの報告があるそうです。
マカデミアナッツ単体の誤食での死亡報告は無く、24-48時間で回復するようです。
お土産などで頂く、マカダミアナッツチョコレート、ワンコにとっては危険の高いお菓子になりますね。

一般にワンコにとっては危険として知られている、ネギやタマネギ、ニンニク以外にも、普段の食生活の中でワンコにとって危険なものは結構存在しています。

これからの時期、チョコレート類、そして1年を通して“ポイ捨てガムとキシリトール”にはしっかりと注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA