ペット用品と一般用チェーン・鎖の製造メーカーです。
TEL:072-984-2314
FAX:072-982-1147

スタンダードプードル用にステンレス製チョークチェーンをお作り致しました

Widget Area

人気のワンちゃんはそれぞれの時代によって様々に変化してしています。

1990年代前半にはレトリバーやハスキーなどの大型犬が人気を博し、1990年代後半にはTVコマーシャルで登場したクーちゃんの影響もありチワワ人気に火がつきました。
それ以降、2000年代にかけて、マルチーズ、ミニチュアピンシャー、ダックスフント、そしてトイプードルといった小型犬が、画面、紙面、普段の道など、必ずどこかで目にする状況となりました。
ウェルシュコーギーやキャバリエも登場しましたが、彼らの人気を越えられないままで落ち着いていきました。

2010年代からは、上記の小型犬人気は保たれつつも、中型犬・大型犬の人気も上昇してきました。
日本犬も柴犬一辺倒から紀州犬、秋田犬も復権、さらに甲斐犬のような若干地域性を有していた犬種も、日本のあちこちで飼われるようになってきました。

洋犬ではパグやフレンチブルドックのような愛嬌のあるワンコと共に、ジャックラッセルテリアやサルーキー、アフガンハウンドといった首の長いタイプのワンちゃんも人気に。
大型犬では、マスティフ系の大型犬、名前から想像する従来までのイメージとは少し異なった、ボーダーコリーやホワイトシェパード、若干小柄でおとなしめになったシベリアンハスキーなどの品種改良されて再度人気が出てきた犬種もいます。
ここ5年程度で、日本国内で暮らす犬種が格段に増えてきたように感じます。

お陰で、皆様よりもワンコに接する機会が少し多い鎖屋兄弟達も、写真入りの犬種図鑑で初めてその姿や大きさを知るようなワンちゃん用のチェーンのご依頼を受けることがあります。

今回お受けしたのはスタンダードプードル用のチョークチェーン製作依頼でした。

この犬種については既に複数回出会っていましたので今回は困りませんでしたが、初めて出会った時にはやはり衝撃を受けました。
スタンダードプードル(スタンプー)に出会う以前には、トイプードルとミニチュアプードルしか目にしていませんでしたので、その大きさにビックリ。

犬種の歴史からするとこのスタンダードプードルがオリジナルサイズのプードルで、狩猟犬(レトリーバーの役割)として活躍していたそうです。
その後品種改良により、サーカスなどで見られるサイズのミニチュアプードル、そして広く知られているトイプードルが生まれました。
また、ドッグショーでのサイズ過密解消のため、近年スタンダードとトイの中間サイズとしてミディアムが規定され、プードルは概ね4サイズに分類されているようです。
さらに、主要畜犬団体では非公認ですが、体高23cm以下のティーカッププードル、体高20cm以下のナノプードルが生み出されているそうです。

今回は知り合いのドッグトレーナーさんからの提案でチョークチェーンでの躾けにチャレンジしてみることになり、ワンちゃんにピッタリサイズのチョークを探して柳瀬製作所のサイトとブログを見つけて下さったそうです。

お電話でワンちゃんの状況やご希望のサイズなどを確認。
チョークチェーンとチェーンカラーの違いなどもきちんと分かっておられ、電話からだけで製作に必要な十分な情報を頂くことが出来ました。

図や写真入のお見積もり表で製作内容をご確認頂き、ステンレス製チョークチェーンの製作を開始。

今回はドイツ型(オーバルタイプ)チェーンで2種類の長さのチョークチェーンをお作りすることになりました。

ステンレス製ドイツ型(オーバルタイプ)チョークチェーン 特注品
STGDC-3.0×輪に広げた内周が約42cm M-4017  ¥2500(消費税・送料別 2015年秋時点の価格です)
STGDC-3.0×輪に広げた内周が約46cm M-4017  ¥2600(消費税・送料別 2015年秋時点の価格です)

商品到着後、スタンプーちゃんのお写真つきのメールを頂きました。

スタンプーのびびちゃんとはるおくん

『昨夜到着しました。
早い発送にびっくりです!ありがとうございます(^o^)

うちのスタンプー二頭
アプリはオス27キロ1歳6ヶ月 はるお
ブラック(ブルー)メス23キロ1歳2ヶ月びびです。
とにかく引っ張る力が半端ないんです。
かつて 30キロのゴールデンも居ましたが温厚な性格の違いなのでしょうか やんちゃ?なスタンプーは 飛ぶは跳ねるわ 標的(犬 猫 鳥 葉っぱ などなど)を見つけるとぐいぐいと大変な事になります^^;
二頭ともなると 飼い主を差しおいてリーダー争いに奮闘 我先にと先頭を歩きたがる始末…マズルにつけるタイプやハーネスタイプのジェントルリーダーも試しましたが 多少効果はあるものの じきに効果は薄れていきます…チェーンチョークの存在も知ってはいましたが 毛切れするとか 使い方を間違えると 危険とか聞くと これまでは躊躇していました…
先日 知り合いの ブリーダー兼トレーナーをやらている方に会う機会があった時に 一喝されました(-。-;
「こんなんじゃダメ! チェーンチョークかスパイクカラーに変えなさい! 」と…
スパイクカラーも検討したのですが 使い方がイマイチわからず チェーンチョークなら使えそうなのでネットで検索してみたした   がっ  種類も多くどれを選んで良いのかわからず 辿りついたのが 柳瀬製作所さんでした!  ブログも読ませて頂き チョークチェーンの価格もリーズナブル←ここ大事(笑) 
早速 お電話して お話させて頂いて 「もう ここだ!」と思いました(笑)
よくよく調べると そんなに危険じゃないんですね(笑)

二頭同時だと興奮するので しばらくは 一頭ずつの散歩で 躾していきます。
旦那は はるお 私は びびですが 今朝 びびに 使用した結果
すんなり チェーンを受け付け 引っ張ることなく 歩け
引っ張りそうになったら 軽くショックを与えます。
軽くチョンと引けば止まれ もう一度 チョンと引けば座れ こんな感じで しつけしています。
ちなみに はるおの方は いつも一緒の びびが居ないのが 不快らしく歩かなかったそうです(笑)
躾の道は長くなりそうですが頑張ります!
柳瀬さんとの付き合いも長くなりそうですがよろしくお願い致します。 』 

ワンちゃんの躾けにはかなりお困りだったことが良く分かりました。
トレーナーさんからの提案と、チョークチェーンについて
ご自信で積極的に疑問点や不安点を調べて理解された結果でのチャレンジ。

使用方法などを理解された上でのチャレンジなので、ワンちゃんへの効果を含めて早く結果が出て来そうな感じです。     

頂いたお写真などを柳瀬製作所のお客様のワンコたちページに掲載し、伺ったブログ<ぴぃの宝箱☆>へのリンクを張らせて頂きました。

それから数日後、嬉しいご報告メールが届きました。
『こんにちはー!
掲載載ありがとうございます(^-^)

躾の入り易いメスのびびを旦那が やんちゃなオスのはるを私が担当して 個別トレーニングしています!

ジェントルリーダーから チョークチェーンに変えて数日経ちましたが  ホントに素晴らしい!
首輪で散歩に出られたのは 子犬の時以来です(笑)

後日 ブログにて 動画も載せますが
チョンとショック(合図)を入れるだけで 止まれと座るが同時に出来るまでになりました。
横に付いて歩くのには 完璧とまでは いきませんが
ほぼ 引っ張りはなくなりました。

なんちゃってトレーナーになったつもりで 日々頑張っていきます(^-^)

これからも ご指導よろしくお願い致します(^-^)

お礼方々 ご報告まで…』

いやあ、とても早い改善結果報告に私共のほうがビックリです。

そこで次のようにお返事させて頂きました。

「おはようございます

“止まれと座るが同時に出来るまでになりました” とのこと、おめでとうござい ます!

2頭とも、本来からお利口さんで、きっと指示がうまく伝わっていなかっただけ だったのでしょうね。

ただ、お利口さんが過ぎてくると、飼い主さんのほうが安心で油断してしまい、 手元が緩みがちになってチョークチェーンがいつもより広めに緩んでし ま い・・・気づくと、ワンちゃんが頭からスポッとチェーンを抜いてしまってビッ クリ!が起こってしまう場合もあったりしますので、その点だけはご 注意下さい。

チョークでの指示がきっちり覚えられれば、首輪やハーフチョークなどに替えても指示が伝わるようです。
(我が家のコッカーは子犬の頃からハーネスだったのですが、止まれの指示だけはハーネスでも覚えてくれています。
お座りは声を掛けないと出来ませんが。)

是非また進捗状況などお知らせ下さいね。

有難うございました。」

スタンダードプードルのびびちゃんとはるおくん

実際、“お利口さん”という面については、ブリティッシュコロンビア大学の研究で“知能の高さにおいては全ての犬種のなかでボーダー・コリーに次ぐ第2位であるとされる”との報告があるそうです。

また、“スッポ抜け”によるワンちゃんの事故ほど悲しいことはありませんので、慣れによる油断だけは絶対に禁物なのです。

躾けに関しては、根気強く時間を掛けて、飼い主さんとワンちゃんの二人三脚で取り組むしかない(トレーナーさんに躾けてもらっても飼い主さんとの意思疎通が上手く出来ないままだと元に戻ってしまいます)ので、我が家も含めて皆さん頑張っていきましょう。

お問い合わせは メール (お使いのメールソフトが立ち上がります)お問い合わせフォームお問い合わせフォームページお電話 にてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA