ペット用品と一般用チェーン・鎖の製造メーカーです。
TEL:072-984-2314
FAX:072-982-1147

Pet博2019大阪に行ってきました

Widget Area
2019年は昨年より2カ月遅い11月2日から4日までの3日間、大阪南港にある国際展示場インテックス大阪でPet博2019が開催されました。
今年はここでG20が開催されましたので、映像などでご覧になられた方も多いのではないでしょうか?
インテックス大阪正面

建物の外観も昨年より綺麗になっている印象でした。

Pet博大阪は秋の恒例行事として定着しているイベントの一つで、今年も多くのペット愛好家の方々がペット同伴でやって来られていました。

柳瀬製作所のお客様が会場内に販売ブースを出店しておられることもあり、今年は、ご挨拶を兼ねて11/4(月)にPet博を訪問してきました。

Pet博2019最終日の11/4は青空ながら、時折強い風が吹く若干ヒンヤリとしたお天気でした。
帰宅後に観たニュースでは、近畿地方に木枯らし1号が吹いたとの事だったので、南港に吹いていたのも木枯らしだったのでしょう。

会場近くまでやってくるとワンコ連れの人の姿が急に増えてきました。

インテックス大阪の正面玄関もやはり綺麗になっている印象です。

ペット博2019大阪の立て看板

立て看板によると、今年もPet博の会場はインテックス大阪の4号館でした。

インテックス大阪内設置のロッカー

道中には昨年と同じ位置にコインロッカーが設置されていました。外観とメーカーは昨年と同様でした。

ロッカー内の柳瀬製作所製造チェーン

念のため中ををチェックしてみると、柳瀬製作所で製作したチェーンが付けられていました。

G20に伴い撤去されていると思っていたので、ホッとしました。

入場ゲートに至るまでの道中からたくさんのワンコ達に出会いました。

ペット博2019大阪の入り口

ゲート前でも入場を待つワンコと人の列が出来ていました。

一歩足を踏み入れた会場内入り口付近はワンコと人とで大賑わいでした。

イベント内容自体は概ね昨年と同じ感じでしたが、出店店舗は少し変わっていました。

ドッグフードや犬服、リードや首輪などの犬具類がメインで、モデル犬登録ブースではワンちゃんの無料写真撮影(だと思います。飼い主さんがお持ちのカメラやスマホでも撮影可能でした)、ワンコや飼い主さんの似顔絵や3Dプリンタでのフィギュア作りの店舗は今年も出展されていました。

犬服ドレス販売ブース

犬服販売ブース2

犬服販売ブース1

犬リュック販売ブース

ペットモデル協会

高価なドッグフード2

高価なドッグフード1

犬服販売ブース

ペットグッズのショップさん1

似顔絵ブース

ワンちゃんと共に過ごすお庭造りの提案やワンちゃんとのお別れを迎えた時の事を提案するブースもありました。
ワンコ用のお庭の提案

新しいものとしてはワンちゃんの被毛からダイヤモンドを作るというブースがありました。

被毛からダイアモンド

柳瀬製作所で作っているステンレス製金具を使ったハーフチョークも販売されていましたよ。
弊社のチェーンで作られたハーフチョーク1

フード関係では今年も多くのブースで試食が行われていました。

ペット用フードの試食販売

鎖屋兄弟はワンコ連れではない為、今回も詳しい部分は不明でした。

基本的には、オーガニックやジビエをコンセプトにされているところが多く、安全性も謳われていました。
試食品を見つめるワンコの瞳、食べっぷりを見る限りでは<美味しい>のが良く分かりました。
ワンコ用の高級ソーセージ類

材質はどれも人間が食べても大丈夫なものばかりで、どれも美味しそうしたが、ぐっと我慢。

乳酸菌のパウダーを扱うブースでは、ワンコの歯石除去に効果があるとの事でしたので、どんなものか実際に味見をさせてもらいました。
ペット用乳酸菌


赤ちゃん用の粉ミルク風の香りがうっすらとするもので、若干の甘みも感じられました。

人間用の乳酸菌も扱っておられ、こちらはパウダー状になったラムネの味がしてとても美味しかったです。

味も確認出来ましたので、10歳を超えた我が家の柴ワンコさんの為に、1本購入してみました。

お肉は鹿肉が主流。
鹿肉販売ブース

鹿肉販売ブース2

鹿肉販売ブース3

ワンコ用の和牛のジャーキーやダチョウのアキレス腱ジャーキー、ウィンナー類が冷蔵ケースで販売されていました。

ペット用のお肉加工品が入ったショーケース

ペット用のジャーキー類

お酒のおつまみにピッタリな印象でしたが、これらはあくまでもワンコ用です。

高級ドッグフード販売ブース2

外国製のプレミアムドッグフード、キャットフードを販売するブースも出ていました。

高級ドッグフード販売ブース1

壁にはフードの製造者である外国人さんの写真が掲げられていました。

高級キャットフードブース

試食用に並べられたフードは小粒サイズで、様々な形のものがあり、どれも美味しそうでした。

どのワンコも残さずパクパク食べているようでした。

爬虫類と猛禽類の販売ブース

爬虫類・猛禽類の販売コーナー、ザリガニ釣りは例年通りの賑わいでした。

ザリガニ釣り

輸入のカメ

日本のヒキガエルさん達もケースに入れられて販売されていました。

ヒキガエル

いつの間にか珍しいカエルになってしまったのですね。

訪問した時間帯は有料でしつけ教室が行われていました。
しつけ教室1

ワンコ達の集中力を維持する為、時折、飼い主さんと一緒に柵内を歩いて気分転換させていました。
しつけ教室2

しつけ教室3

さて、会場ブースに話を戻すと、今年もシャープのロボフォンの販売ブースが出店。
(ひどいピンぼけになったので写真は割愛致しました)

そして、別ブースでは個人的に念願だったSONYの<aibo>の姿を発見しました。
アイボ3

今回はaiboの販売ではなく、MANOMA(マノマ)という、ソニーが提供する新しいスマートホームサービスを紹介するブースでした。
アイボ1

「家族・ペットの見守り」「おうちの防犯」「おうちのことをお手伝い」「おうちのWi-Fi」などがMANOMAでできるようです。

aibo2

でも、SONYのaiboはやっぱり可愛らしいロボットでした。

お友達としてワンコにも認知されているという話を聞いたことがありましたが、リアルワンコが非常に多かった為でしょうか?
今回はaiboに興味を示すワンコの姿は見られませんでした。

譲渡犬・譲渡ネコのコーナー、最終日だったり時間的なものだったのかもしれませんが、サークル内のワンコは去年に比べるとさらに少なくなっていました。
里親相談ブース

譲渡犬コーナーのワンちゃん1

捨てられたり飼えなくなってしまった事で保護されたワンコが減少しているのであれば嬉しいのですが。

介助犬、聴導犬、セラピードッグのブースもありました。
セラピードッグのレトリバー

大型のホワイトシェパードもセラピードッグとして活躍しているそうでした。

セラピードッグのホワイトシェパード

セラピードッグはブース前でデモンストレーションを行っていました。
セラピードッグ2


イベントステージでは松本秀樹さんと大久保さんのトークショー、その後は大久保さんによる歌の披露がありました。
松本さんと大久保さん

ステージ隣のフードコートでは今年もご当地グルメのブースがたくさん並び活況でした。
B級グルメのフードエリア

今年の会場内でのワンコの傾向ですが、小型犬から大型犬までまんべんなく来場しているように見えました。
コーギー1

ゴールデン1

連休最終日で天候・気温もよかったからでしょうか?
昨年9月に比べて、会場内のワンコの数はかなり多かったです。

トイプードル、チワワが圧倒的に多かったですが、ダックスフントについては昨年同様に減少しているように感じられました。
チワワ1

チワワ2

ダックスフント

小型犬については同一犬種、もしくは他犬種での2頭以上の多頭飼いの割合が非常に高かったです。

秋田犬がダブルでカートに入っている姿はなかなかなものでした。
大型のキャリーに乗った秋田犬

イタリアングレーハウンド、ジャックラッセルテリアといった首長タイプのワンコ、ボーダーコリー、フレンチブルドッグ、キャバリアなどのスパニエル類は、一見すると必ず目に入ってくる感じ。

いずれの犬種でも多頭飼いの傾向が見られました。
イタリアングレイハウンド

フレンチブルドッグ2

シェルティ1

ボーダーコリー1

スタンダードプードルも割合多く目につきました。
スタンダードプードル2

スタンダードプードル3

サモエドやハスキー、ピレネーなどは例年通り。

サモエド-バーナード1

ハスキー2

ピレネー1

ピレネー2

ピレネー3

大型のシェパードやグレートデーンという超大型に属するワンコは昨年よりぐっと数が増えていました。
グレートデーン2

グレートデーン1

昨年は少なかったボルゾイやアフガンハウンド、ホワイトシェパード、バーニーズマウンテンドッグ、セントバーナード、パグ、テリア系のワンコの姿もぐんと増えていました。

セントバーナード1

セントバーナード2

アフガンハウンド

ワイアーフォックステリア

ミニチュアブルテリア

ホワイトシェパード3

ボルゾイ

ボクサー1

ボクサー・コッカー・バーニーズ

特に、例年数頭だったアメリカンコッカースパニエルの姿が、今年は2ケタ台になり、ここ数年では一番多く見られました。
コッカー1

コッカー2

コッカー3

< div>日本犬で出会えたのは柴犬さんと秋田犬さんだけ。

柴犬1

この子達も多頭飼いの傾向が強かったです。

柴犬2

柴ワンコさん向けでしょうか?

和風柄のチャンチャンコのお店もありました。
犬服チャンチャンコ販売ブース

会場内でのカートの使用率は例年通り高く、小型・中型だけでなく、今年もカートに乗っている大型犬の姿が目撃されました。

バセットハウンド

フレンチブルドッグ

マルチーズ

ネコについては、会場内で見かけたのは1匹だけでした。
ネコに関するイベントが前日までで終了してしまっていたのが原因なのかもしれませんね。

犬・猫以外では、おめかししたウサギさんに出会いました。
ウサギさん

今年の会場内外のワンコ達の様子はこんな感じ。

ミニチュアピンシャー

毛先を染めたマルチーズ

バーニーズマウンテンドッグとコッカー

今年も1日だけの観察結果ですので正確性には欠ける部分もありますが、今年も昨年同様に、小型・中型犬については同一犬種での多頭飼いの傾向が大きく、それが大型犬にも波及してきている印象でした。

来秋もPet博は開催されるかと思います。

フードの試食や販売、犬服やグッズの安売りなどもありますので、ペット同伴で来られた方がメリットが大きいと思われますが、動物(特にワンコ)が好きな方であれば、大人も子供も楽しめるイベントかと思います。
お願いすれば快く写真を撮らせて下さったり、ペットに触らせて下さる飼い主さんがとても多いので、機会があれば是非ペット博へ足をお運び下さい。

鎖屋兄弟達は来年もPet博へ出掛ける予定です。

テレビ大阪さんから開催時期などのお知らせを頂き次第、ブログにアップします(8月から9月頃かと思います)ので、是非参考になさって下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA