ペット用品と一般用チェーン・鎖の製造メーカーです。
TEL:072-984-2314
FAX:072-982-1147

フレブルちゃんのハーフチョーク首輪のサイズお直し加工を承りました

Widget Area
10月になりました。

9月までの暑さから一転、朝晩だけでなく、日中でも風が吹くと半袖では肌寒く感じるようになってきました。

アスファルトなど地面の温度も下がってくれるので、ワンコとのお散歩には有り難い季節になりましたが、人間には一枚羽織って出掛けるかどうか一考が必要ですね。
(寒くて散歩時間が短くなると、楽しみに待っていたワンコも可哀そうですから)

さて、今回は市販のハーフチョーク首輪をお使いの方からお問い合わせを頂きました。

先代ワンコが使っていた、個人の方によるハンドメイドのハーフチョーク首輪なのですが、お気に入りなものばかりだった為、その後に迎えた保護犬に使ってもらう事にしたのですが・・・。

頭を通すことは出来るのですが、外す際にきつくて、ワンコの顔をゆがめて抜くような感じになってしまっているとの事でした。

ハーフチョーク首輪を外す時に痛くないように、他社のものでもチェーン部分を交換して貰う事は可能ですか? とのご相談でした。

犬種は、先代犬、現在のワンコ共にフレンチブルドッグのメスとの事でした。

一定の条件はありますが、ハーフチョーク首輪のチェーン交換は可能です。

そこで次のように回答させて頂きました。

「ハーフチョーク首輪のチェーン交換は可能です。

ただし、部品が付いた状態ですのでメッキを必要とする鉄製チェーンの使用は出来ません。

ステンレス製のチェーンと丸カンを使用して作り直す形になります。(チェーンと丸カンの色は銀色のみでの対応となります)

また、弊社で取り扱っているチェーンや丸カンでの交換となります為、現在取り付けられている丸カンやチェーンに類似したサイズでの交換となる点をご了承下さい。

手順としましては、交換に使用するチェーンと丸カンは先に磨いておき、チェーンを交換して両端を丸カンで繋ぎます。
繋いだ後に行う丸カンの切り口部分の溶接では、溶接面に焼け汚れと、周辺に高熱による変色が生じますので、これらを手作業で磨いて落とします。

今回のお問合せでは、使用する鎖の太さやご希望の長さが不明なのでざっくりしたお返事になってしまうのですが、交換加工費は以下の範囲で収まるかと思います。
1本あたり ¥1200から¥1600 になります。 (ここに10%の消費税と返送の送料が別途掛かって参ります。)

返送送料につきましては、入るようであれば郵便局のレターパックプラス(¥520)で、きつい場合にはゆうパックでの発送(¥970か¥1200)となります。

お支払方法は弊社指定口座(三菱UFJ銀行もしくはゆうちょ銀行)へのお振込みとなっております。

代金引換をご希望の場合にはゆうパックのみの発送となり、ゆうパック代金に郵便局への代引き手数料¥265が別途掛かってまいります。

お直し加工には2-3営業日程度のお時間を見て下さい。

上記URLは、弊社ブログで過去にお直し加工した実例記事になります。

この記事はチェーンを縮めるというご依頼内容ですが、記事内の写真にありますように、ハーフチョークを輪に広げた状態でその中に硬めの紙を入れて内周を測定し、そのサイズ(内周)になるようにチェーン長さを調整します。

現在は、<装着することは出来るが、外す際にキチキチのサイズ>との事ですので、内周をプラス3㎝程度長くすれば、外す時も痛くない状態になってくれるかと思います。
(ワンちゃんの頭周りを実測してのコメントではないため、3㎝だと逆にスポッと抜けやすくなる可能性も考えられます。)

メジャーで輪を作って頂き、フレブルちゃんの頭を通して、装着しやすく外す時はちょっとだけどちらか片方の耳が引っ掛かり気味になる、ちょうど良い内周を見つけて頂けましたらその内周に近い内周になるようにチェーン交換させて頂きます。
(チェーン1コマのサイズの都合上、ご希望の内周ピッタリとはならない可能性がございます。その場合には、基本的にはご希望内周より大きくなる方のチェーンのコマ数で製作させて頂きます。) 」

メール送信後、実際にワンちゃんのサイズを測定し、お返事をお送り下さいました。

お手元のハーフチョーク首輪に厚紙を入れて測ったところ、内周は38cm、愛犬の顔周り(耳のすぐ前で一番太いところを測りました)は42cmだったとの事でした。

頭周りプラス耳を通す分の余裕を約3㎝みて、ハーフチョーク首輪の内周が約45㎝になる形でお直し加工させて頂く事と致しました。

頭周りに余裕分を追加してあげる事で装着しやすくなりますが、抜けやすくもなりますので、「顔周りを緩めに測定されておられましたら、約45㎝の内周を、もう少し縮める方が良いかもしれません。
(顔周り42㎝と内周38㎝で4㎝の差がありますが、実際には装着出来て、キツキツながらもどうにか抜けておられるという点が気になりまして)」とご提案させて頂きました。

『お返事と、サイズのアドバイスをありがとうございました。
顔周りを緩く測っていたと思います。
ぴったり測って41cmで大丈夫でした。
そうすると内周も44cmになりますね?』とのお返事が届きました。

「ハーフチョーク首輪のサイズの件、再度測定頂き有難うございます。

輪に広げた時の内周が約44㎝になるようにお作りさせて頂きます。
(44㎝に、より近くなるコマ数の方を採用して製作させて頂きますね。) 」と返答させて頂きました。

お直し前のハーフチョーク首輪

到着したハーフチョーク首輪の内周を測定したところ、約38㎝でした。

ハーフチョーク首輪の最大内周測定

金属部分はいずれも磁石にくっついたので鉄素材と思われます。
ハーフチョーク首輪の金属部分の材質チェック

チェーン部分は線径2mmのマンテルチェーン、丸カン部分は線径3mmで内径が20,5mmのものでした。

フレブルちゃん用にしては丸カンが少し大きいように感じましたので、見た目と軽量化(若干ですが)との点から、線径は同じで内周が16mmの丸カンに変更する事にしました。

お直し後のハーフチョーク首輪全景

今回のお直し加工代金は次の通りです。

ハーフチョーク首輪伸ばし加工
(チェーン部分を長いものに交換し最大内周が約44㎝になるように作成 使用するチェーンと丸カンはステンレス製を使用)
お直し加工代金 ¥1,200(消費税と送料が別途掛かります 2020年夏時点での価格です)

チェーン部分を長いものに取り換えたハーフチョーク首輪1

取り換えたチェーン部分はまだ綺麗でしたので、先端にステンレス製のSカンを付けて引っ掛け用金具にリメイクし、首輪と一緒にお返し致しました。

お直し後のハーフチョークとリメイク加工した元のチェーン部分

元のチェーン部分にSカンを付けた引っ掛け金具

ハーフチョーク首輪の返送後、お返事を頂きました。

『ハーフチョークが届きました。
迅速な対応をありがとうございました。
古いチェーンもリメイクしていただいて、嬉しいです。

私の計測のやり方が悪かったのでしょうか。見積もりしていただいた通りの長さになっているのですが、少し緩すぎたかもしれません💦

ですが、しばらく使ってみます。
簡単に抜けてしまうようなら、またご相談させていただいてもよろしいでしょうか。

いろいろとお手間をおかけして申し訳ありませんm(_ _)m
本当にありがとうございました。』

ご希望サイズピッタリにお作り出来たのですが、ちょっと大きかったとの事。

ワンちゃんの首は金属やプラスチックなどと異なり弾力があるので、その分で若干の誤差が出てくる可能性は十分あります。
(紙は、その柔らかさ具合から測定誤差の出具合が小さくなる傾向が感じられますので、弊社では内周測定には紙を使用するようにしております)

簡易的ではありますが、スッポ抜けが低減出来る対策がありますので、すぐにその方法をお伝えさせて頂きました。

「ハーフチョーク首輪到着のご連絡有難うございます。

ハーフチョーク首輪は頭を通す形で装着する為、チョークチェーンやチェーンカラーと同様に、特に、ノーリードで使用されますと、 頭を振った際の遠心力などでスッポ抜けしてしまう現象が起こって参ります。

ノーリードでご使用の際には、緩み留めとして市販の鉄線入りのビニル紐(菓子袋などを縛っているビニル紐です)で、最大内周(頭周りの幅以上)まで広がってしまわないように固定して頂ければ、スッポ抜けは、ぐっと低減出来るかと思います。(お散歩カバンに常時忍ばせておいて頂ければと思います)

暫くお使いになられ、どうしても不便なようでしたら、有料となりますがお直し加工をご依頼下さい。
加工賃は¥800(消費税と送料が別途掛かって参ります)です。

それでは宜しくお願い致します。

有難うございました。 」

メール送信後、ワンちゃんのお写真と共にお返事を頂きました。

『先日はありがとうございました。

すっぽ抜け防止のアドバイスもありがたく、常備しておこうと思います。

2-3回お散歩をしてみましたが、前方から強く引っ張るようなことをしなければ抜けることもなさそうです。
今まできっちりで着けていたので、大きく感じたのですが、これぐらいで着けているお友達も少なくないようです。
フレンチブルドッグのハーフチョークのサイズ感は難しいですね。
でも、着脱がとても楽になりました。
本当にありがとうございました。』

エルちゃんとお直し後のハーフチョーク首輪

ハーフチョーク首輪やチョークチェーン類の場合には、イヤイヤをして後ずさりをされると、どうしても頭から抜けてしまう可能性が高まります。
(基本的にワンちゃんの位置が、飼い主さんよりワンちゃんの頭分だけ前から、飼い主さんのすぐ横迄の位置であればスッポ抜けしにくいので、この位置をキープしてお散歩して欲しいです)

ワンちゃんの名前はエルちゃん、2017年9月13日生まれの女の子です

フレブルのエルちゃん1

保護犬だったそうですが、昨年、縁あって家族として迎えられました。

大きな人や音は苦手ですが、お友達ワンコ達と遊ぶのは大好きだそうです。

『カメラが好きではないので、目線をもらえませんでしたが』とのコメントがありました。

カメラから目線を外すフレブルのエルちゃん

きっと、じっと見つめられるのが少し苦手な恥ずかしがり屋さんなのだと思います。
ぜひ、沢山写真を撮ってあげて下さいね。(慣れて来てくれると思いますよ)

全国的に秋の過ごし易い気候になってきたようです。

コロナへの注意は必要ですが、秋空の下でのお出掛けを楽しんで下さいね。
(お外でのお散歩をされる際には、交通量や人が多い場所では、念のため、鉄線入りのビニル紐で留めておいてあげると安心です。)

有難うございました。

お問い合わせは メール (お使いのメールソフトが立ち上がります)お問い合わせフォームお問い合わせフォームページお電話 にてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA