ペット用品と一般用チェーン・鎖の製造メーカーです。
TEL:072-984-2314
FAX:072-982-1147

長い犬用係留用チェーンをお探しの皆様へ

ワンちゃん一頭一頭の犬種・体格・性格が違うように、それぞれのワンコにぴったりの犬用係留チェーンもやはり様々なはずです。

どんなチェーンを、どんなワンコの為に、どんな場所で使おうとお考えなのか?

たとえ手間や時間が掛かっても会話や文字を駆使してやり取りを行い、最終的にその商品を手にしたお客様に、掛った分だけ余分に喜んで頂けることがもっと嬉しい・・・。

『堅物(かたぶつ)だなあ』と思われるかもしれませんが、それが今の柳瀬製作所としてのポリシーなのです。

価格について

係留チェーンのお値段は、
線径・長さ・金具類の組み合わせで決まります。

ワンちゃん一頭ごとに組み合わせが変わってきます。

使用するチェーンの線径や長さ、金具類の組み合わせで変わってまいりますが、

例としましては、ステンレス製マンテルチェーン使用のTカンタイプで¥5,000台後半(線径2.5mm×1.5m)から¥18,000程度(線径4.0mm×5m)の範囲で多く製作させて頂いております。また、屋外使用ですので、チェーン、金具類共に錆びにくいステンレス製(SUS304)で製作させて頂きます。

ワンちゃん一頭一頭ごとの特徴や性格、環境などによって組み合わせが変わりますので、まずはお気軽にご相談ください。

ワンちゃんに合わせてオーダーメイドで製作致します。まずはワンちゃんについて、お聞かせください。

1.ワンちゃんについて

ワンちゃんによって、必要となるチェーンが異なります。
チェーンでつなぐワンちゃんの犬種と年齢、そして体格をお知らせください。

2.ワンちゃんの性格。

おとなしめなのか、それともよく動き回ったり何かに向かって突進していくタイプかによって、チェーンの引っ張られ方や引きずられ方が変わるため、お伺いさせて頂きます。

3.ワンちゃんを係留している環境。

芝生(人工芝も)や草の生えた柔らかな環境か、土やコンクリートなどで表面が平らな環境か、石などが混じった土やレンガ敷きなどゴツゴツザラザラした環境かによって、チェーンの擦れ度合いが変わってまいりますのでお知らせ頂きます。

4.ワンちゃんに癖はないか?

体や首元をよく地面に擦り付けたり足で引っ掻いたりする癖がある場合には、何かの拍子にナスカンのレバー部分を押し下げてナスカン外れを起こしてしまう可能性が考えられますので、別タイプのナスカンをご提案させて頂くことになります。

これらの情報を基に、使用するチェーンや金具類を選定し、ご提案させて頂きます。

事例紹介

製作例その1

大柄のポメラニアン用に市販品に近い長さのステンレス製係留用チェーンを製作した例

線径2.5mm×2m

6,500
(税・送料は別途)

製作例その2

中型犬から大型犬向けに比較的よくお受けする太くて長めのタイプの係留用チェーンです。

線径4.0mm×5m

16,600
(税・送料は別途)

製作例その3

係留時の首元からのナスカン外れを考慮して、ナスカン2個付けをご依頼された方用に製作するもの。

線径4mm×3m

16,000
(税・送料は別途)

※表記価格は製作当時のものです。 価格は変動致しますので、参考価格とお考え下さい。

まずは、ワンちゃんについてお聞かせください。

受付時間平日:10:00~16:30

長い係留用チェーンのお悩みは、柳瀬製作所におまかせください。

長い係留用チェーンのお悩みは、柳瀬製作所におまかせください。

オーダーメイドでお客様のワンちゃんにピッタリの係留用チェーンをお作りいたします。

ワンちゃん一頭一頭のために

ワンちゃんの年齢や性格、ワンちゃんの係留環境などの情報を伺いますので、お客様の飼育環境に最適な組み合わせを提案させて頂くことが可能です。

長く使えるステンレス製

使用するチェーンや金具類はすべてステンレス製なので、水濡れに強く、サビやメッキ剥がれの心配がなく、長くご使用頂けます。

長年かけて培われてきたチェーンづくりの実績があります

弊社は昭和の時代から、OEMメーカーとして国内外の有名メーカー向けに係留用チェーンを始めとしたペット用チェーン類を供給してまいりましたし、いち早くサイトを開設した2000年以降は、個人の方々からのお問い合わせやご注文にも対応致してまいりました。

お客様とのコミュニケーションから培われてきたノウハウがあります

インターネットを通じて、ワンコをお飼いの方々と直接コミュニケーションが取れるようになったことで、メーカーとのお付き合いだけでは見えてこなかったお困りごとが分かるようになりましたし、同じくワンコを飼っているものとして、その経験を踏まえた作り手側からのご提案を差し上げることが出来るようになりました。

これらの実績やノウハウを踏まえて、使用する部品のサイズや取り付け位置を変更するなど、ワンコや飼い主様にとって、より使い勝手の良い商品となるよう工夫や改良を続けています。

長い係留用チェーンについてよくいただくご質問

一本だけ購入したいのですが、小売に対応していただけますか?

基本的には、1本から製作をお受けさせて頂きます。

ただし、メッキ工場の都合により、鉄製品は少ない本数での製作方法が変更になっています。
チェーン、ナスカンはそれぞれ単体でメッキ処理を施しておき、チェーンとナスカンの連結部分と手カンを通す丸カンにはステンレス製丸カンを使用し、連結、熔接、手作業による溶接部分の再研磨を施して完成させる形となります。
その分、市販品よりも価格が高くなってしまいますし、長期使用の観点からも、弊社では1-2本でのご依頼の場合にはステンレス製での製作をお勧め致します。

長い係留用チェーンは何年程度使用できますか?

使用に伴い、ステンレス製品も地面との擦れでチェーン部分が磨耗してまいります。

ステンレス製品の場合には錆による腐食は殆どありませんので、磨耗によって細くなり、ナスカンの回転部分がすっぽ抜けたり、チェーンが細くなった部分から切れたりといった具合で壊れます。

チェーンの擦り切れ報告は最短で2年弱(石と土の環境下で常に走り回ったりガンガン引っ張る中型犬のワンちゃん)、最長は寿命までの15年間(それ以上は報告が無いので不明 鎖屋兄弟ブログにもこの記事を載せてあります)でした。ナスカン部分の磨耗があるので一概には言えないのですが、少なくとも3-5年は十分使用に耐えているようです。

長い金属製係留用チェーンはワンちゃんに重くないですか?

短い鎖で常にピンと張った状態だと鎖の重さのかなりの部分がワンちゃんの首輪に掛かってきますが、長い鎖の場合には、実際に首輪に掛かってくる負担は地面からワンちゃんの首付近までの鎖とナスカンの重さだけなので、仮にビーグル犬サイズの体高だと概ね100グラム位になります。
チェーンを引きずっての移動を除けば、概ねこれがワンちゃんに掛かる最大重量です。常時このお座り状態でいるわけではないので、実際にはこれより小さい重さで済んでいるはずです。
地面を引きずる鎖もそれほど重くないので、ビーグル犬の力であれば長い鎖でも苦にならないかと思います。

長い係留用チェーンはワンちゃんに重くないですか?

参考までに、左記の写真のチェーンは線径3.0mmのマンテルチェーンと回転カンを使用した全長5mのステンレス製繋留用チェーンです。
全重量は約970g、通常の大型犬向きサイズでこの重さであればやはり苦にならないかと思います。

鎖の組み合わせ、金具の取り付け位置の変更に対応していただけますか?

鉄製品につきましては、組み立てと溶接加工後にメッキ処理が必ず必要となってまいりますので、ご要望にお応え出来ない場合が多くなってしまうかと思います。
ステンレス製につきましては、メッキ処理が不要ですので、比較的広い範囲での対応が可能となっています。

商品納期はどれくらいかかるの??

ステンレス製品に関しましてはご注文確定後、5-7営業日程度のお時間を見て頂ければ弊社発送が可能です。
(お振込みご希望の場合にはご入金確認後、代引き発送ご希望の場合には完成次第の発送となっております)。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合わせください。

受付時間平日:10:00~16:30

たくさんのお客様から喜びの声をいただいております。

岡山県
ゴールデンレトリバー 
まりーちゃん

物凄く良い商品に、家族みんな喜んでいます。まりー(犬)も走り回り嬉しそうです!すぐにもつれて1日に何度も直していたのに、すごく嬉しく思います。素晴らしい商品を僅かな日数で届けて頂き本当にありがとうございました!

群馬県
ウェルシュコーギー
ライアンくん

早速、新しいチェーンを装着。本犬も喜んでいると思います。
人が来るとワンワン吠えて走り回るのでチェーンが切れない事を祈るばかりですが末長く使えることを期待しています。

大阪府
柴犬
ゴンタくん

初めてのチェーンですが嫌がる事なく一安心です。重さもまったく気にならないようで相変わらず庭をウロウロしています。

ご注文の流れ

1

ワンちゃんについて

犬種・年齢

ワンちゃんの性格

飼育している環境

癖はないか?

2

金具をお選びください

ナスカン部分

回転カンの有無

係留部分

3

固定方法をお選びください

Tカン、丸カンで固定するのか?

ナスカンで固定するのか?

ワンちゃんについてお聞きしながら、下記の金具をお選びいただきます。

係留用チェーンの選択金具

選択金具は次の通りです。(いずれも錆びに強いステンレス製です)

ナスカン部分

(ワンちゃんを繋ぐ側)

ナスカン部分(ワンちゃんを繋ぐ側)

基本的には写真左側のナスカンですが、レバーの突起部分が無いほうが良いという方には右側の押し込みタイプのアイスナップで製作させて頂きます。(押し込み部分は板材を曲げて作られていますため、この部分についての強度は弱くなります。)

回転カン

(スイベル)

回転カン(スイベル)

全長3-6mの係留用チェーンを製作する場合には途中に捩れ軽減用として回転カン(スイベル)を組み込みますが、それ以上の長さとなりますとチェーンの真ん中の位置に組み込んでも捩れ軽減としての機能を果たしにくくなりますため、私共としましてはお勧め致しません。

繋留(固定)部分

(チェーンを固定する側)

繋留(固定)部分(チェーンを固定する側)

通常は上記写真左側のTカン(手カン)を取り付けて固定します。下のチェーン固定例 左側の写真をご覧下さい。一度取り付けてしまえば後は殆どはずすことが無い場合には、上記写真右側のようにナスカンが通るサイズの丸カンを取り付け、そこにナスカンとチェーンを通して固定します。繋留側にもナスカンを取り付ける(アイスナップでの依頼が多いです)場合もございます。

係留用チェーンの固定例

Tカン、丸カンの
固定例

係留用チェーンを丸カンやTカンで固定する場合の写真

固定部側にも
ナスカンを取り付けた例

係留用チェーンをナスカンで固定する場合の写真

どうしてオーダーメイドで長い係留用チェーンを作るの?

ワンちゃんの飼育形態が室内型に変わってきたため、ワンコを係留する事が少なくなって来ています。そのため、ホームセンターやペットショップでの係留用チェーンの取り扱い種類や数量も減少し、ご希望の商品が見つからない場合が出てきています。

市販の係留用チェーンは概ね1.5m前後、長尺タイプでも2.5m前後で、広い場所を自由に動き回らせてあげるには物足りない長さです。

長さを求めて、係留用のワイヤーケーブルをお使いになられる方も多くいらっしゃるかと思いますが、ワイヤーの場合には、柔軟性に欠けるため、ピンと張った状態での使用であれば問題は無いかと思うのですが、ワンちゃん用として使用した場合にはワンちゃんの動きに伴い部分的に捻り癖が残ることが多く、その部分が地面などで集中的に擦れてしまい切れてしまうようです。

市販の係留用チェーンは低価格化の流れにより、大多数が中国製の鉄製チェーンに変わってしまいました。メッキ処理品ですので、地面などで擦れて傷ついたり剥がれたりするとそこから錆が生じてしまいます。

ステンレス製品であれば錆の問題は解決されるのですが、価格の都合上(?)ホームセンターやペットショップでのステンレス製係留用チェーンの取り扱いは稀な状況です。

弊社では長年のノウハウを活かし、長い係留用チェーンをオーダーメイドで製作させていただいております。

私ども柳瀬製作所のサイトでは現在、敢てショッピングカートを設置致しておりません。それは、皆さまのご希望をなるべく正確に理解したいからなのです。

どの様な商品をどのような状況・目的でどのように使おうとお考えなのか?

単にカートへ規格サイズの商品を入れ、ご購入頂くだけでは、私どもには全く分かりません。

確かに、お金を儲けたいだけ、手間を省きたいだけなら、カートを設置するのは非常に有効な方法です。

ですが、手間や時間が掛かっても、会話や文字でやり取りをし、最終的にその商品を手にしたお客様にその分だけ余分に喜んでもらえる方が、もっと嬉しい・・・。

『堅物(かたぶつ)だなあ』と思われるかもしれませんが、それが今の柳瀬製作所としてのポリシーなのです。

大きな会社、小さな会社、個人の方・・・私どもにとってはお問い合わせ下さった方は皆お客さまです。

鉄製の係留用チェーンの場合には、現在ではメッキ処理工場の受け入れ条件が大きく変わってしまったため、少ない本数の製作はお受け出来なくなりました。

別方法として、チェーン、ナスカンはそれぞれ単体でメッキ処理を施しておき、チェーンとナスカンの連結部分と手カンを通す丸カンにはステンレス製丸カンを使用し、連結、熔接、手作業による溶接部分の再研磨を施して完成させる形でお作りすることは可能です。

ただ、実際問題として、中国製の市販品より価格がずっと高くなってしまいますし、錆の発生を考えると長期使用には不向きですので、弊社では1-2本でのご依頼の場合にはステンレス製での製作をお勧め致しています。

『長さをもう少しぴったりしたサイズに』『この部品を別のサイズに変更して作って』『この長さにカットしてこの部品をつけてもらえますか?』・・・、様々なご希望をお持ちかと思います。

ステンレス製であれば、弊社内での一貫作業が行えますので、このようなご希望に対して、検討し、時にはお客さまと一緒に考え、柔軟に対応させて頂くことが可能なのです。

刷新やリニューアルなど大きな変化が目立つ世の中ですが、弊社のモノづくりの中にある“相手(ご依頼頂いたお客さまと実際にそれを使ってくれるワンちゃん)を思いやって掛けるひと手間”の気持ちを忘れず、製品作りに反映させられるように頑張り続けてまいります。

電話、FAX、E-mail、お便り、いずれでも結構です。まずは、皆さまのご希望をお聞かせ下さい。

私どもでお応え出来る限り、一生懸命にお返事・対応させて頂きます。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合わせください。

受付時間平日:10:00~16:30